虫除け対策ガイド TOP → 虫除け対策 ゴキブリ対策

ゴキブリ対策

ゴキブリを駆除するのは非常に骨の居る作業ですが、時間をかけてゆっくりと駆除することによって、三ヶ月程で家からは出なくなります。ゴキブリ駆除の基本は、何よりも焦らないこと、そして油断しないことです。例えばバルサンなどを使用すれば、確かに何週間かは出なくなるでしょう。しかし卵にはバルサンが効かず、そのためしばらくすると孵化したゴキブリが姿を現すことになるのです。

ゴキブリの最も厄介なところは、屋外から家へと侵入してくることです。信じがたい話ですが、ほんのわずか数センチ、あるいは数ミリの隙間からでも、ゴキブリが屋内へと侵入してくることもあるのです。またゴキブリはシロアリと同じく床下に繁殖することもあり、床下で繁殖したゴキブリが上がってきて屋内に姿を現すこともあります。この侵入能力の高さが、ゴキブリの最もイヤなところであると言えるでしょう。

ゴキブリ対策に継続的な効果が期待できるのは、ホウ酸団子を置いておくことです。ゴキブリはホウ酸団子を食べると脱水症状を起こし、外へ出て行って息絶えます(家の中で息絶えることも多いですが)。また即効の効果を期待するのであれば、バルサンを使用することでしょう。しかし先述した通り卵には効かないため、二〜三週間後には再び使用する必要があります。

バルサンの使用に関して、一回では確かに駆除し切れませんが、しかし二〜三週間の間隔で間を置いて使用すれば、そのうち屋内からはゴキブリを根絶できるでしょう。


虫除け対策



ランタスソロスター
ランタスソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!