虫除け対策ガイド TOP → 虫除け対策 書物の虫除け対策

書物の虫除け対策

書物の虫除けは、とにかく虫干しを心がけることです。湿気がたまると虫が発生してしまいますので、風通しを良くし、書物を置くところは乾燥を心がけるようにしましょう。書物の大敵は、何を置いても湿気、そしてそれによって発生する虫です。万が一にも虫が書物についてしまうと、大切な本が虫食いでボロボロになってしまうなど、泣きを見るハメになってしまいます。

しかし書物の虫除けに虫干しといっても、現代で出回っている本に対しては、日光に当てるのはオススメしません。確かに虫は太陽を嫌うのですが、しかし本の表紙なども、日光には弱く、太陽に晒し続けると表紙のカラーが色あせてしまうこともあるのです。本を大切にする方であれば、これは特に避けたいでしょう。現代での本の虫干しは、日光に当てないのが基本と言えます。

そのため、書物の虫干しをする場合は、日陰で乾燥しており、風通しの良い場所で、ということになります。もちろん、それら全てが都合よく揃う状況というのも少ないかもしれません。しかし秋の乾燥しやすく風通りの良い時期などであれば、不可能ではないでしょう。そうでなくとも、その日の湿気などを確認し、定期的に虫干しを行うことで、書物の虫除け対策は出来るのです。

定期的な虫干しは、書物の虫除けには欠かせないでしょう。しかし日光にあてると表紙のカラーが色落ちしてしまったり、本そのものが痛んだりしてしまうこともあるので、日陰で虫干しするのが基本です。


虫除け対策



抗血小板剤
抗血小板剤なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

レーシック
レーシックなら吉野眼科にお任せください!