虫除け対策ガイド TOP → 虫除けとは 書画の虫除け

書画の虫除け

紙を食べる虫は紙だけではなく、紙についているインクやノリが好きだとされています。紙だけが好きで紙だけを食べる虫もいますが、しかしインクやノリがついていると、更に多くの虫が寄ってくるということになるでしょう。そのため通常の印字などがされていないまっさらな用紙などよりも、書物や絵画といった、インクなどがついている書画が狙われやすくなるのです。

衣類の虫除けで虫干しを行うことは多いですが、書画に関しても虫干しするのは有効と言えます。方法として、まず本棚が扉のついているものであるならば、その扉を開け放した状態にしましょう。そして窓を開けて風通しを良くし、本棚にも風が当たるようにするのです。また窓を開ける際は、新たな虫が外部から侵入するのを避けるために、網戸は閉めておくほうが良いでしょう。

虫干しは太陽の光を対象物に当てる方法ですが、しかし現代の本に太陽を当ててしまうと、表紙のカラーが色落ちしてしまうこともあります。そのため、本に関しては太陽の光を当てるのは適しておらず、乾燥した日陰で干すようにすることとなります。それでも充分ですし、何より湿気を好む虫を遠ざけるために乾燥した場所で干すというのは、やはり効果的と言えるのです。

大切な書物や絵画を、知らないうちに虫に食われてしまうのは、やはり悲しいものです。虫除け対策はしっかりと行っておき、大切な書画を虫から守るように、普段から心がけておきましょう。


虫除けとは



抗血小板薬 一覧
抗血小板薬の一覧なら医療関係者向けの製品情報サイトで!