虫除け対策ガイド TOP → 人につく虫 水虫

水虫

人につく虫という意味で、水虫は非常に有名であると言えるでしょう。しかし虫とはいいますが、水虫の正体というのは、実は白癬菌という細菌です。しかし正体がなんであれ、人に害を及ぼすことには変わりありません。水虫は足の裏などに出来て、罹ってしまった方に強い痒みやかぶれなどをもたらします。水虫も早期発見と早期解決を心がけ、後に引かないよう早めに対策しましょう。

長時間も靴を履き続け、更に雨などで湿気が強くなってしまうと、水虫になりやすくなるでしょう。水虫というのは特に湿度を好む虫で、普段から足元の湿度が高くなっていると、それに比例して発症率が高くなってしまいます。蒸れれば蒸れるほど、水虫は元気になってしまうというわけです。出来ることなら足元の風通しを良くし、水虫のリスクを遠ざけるようにしましょう。

さて足の裏に出来ることで有名な水虫ですが、実はこの水虫、足の裏だけに出来るわけではありません。なんと手などにも出来ることがあり、痒み・かぶれなどといった症状は同じです。要は白癬菌が繁殖しやすい状況になれば、足の裏以外でも水虫は起こりうるのです。ただし手の水虫は発症率が低く、その理由は足と比べて手は洗浄する機会が多いため、雑菌が繁殖しにくくなるからです。

しかし手の水虫は出来にくいといっても、不清潔にしていれば出来てしまう可能性は高くなります。ですので、出来る限り足も手も清潔にするよう心がけ、水虫を回避しましょう。


人につく虫



グリメピリド 添付文書
グリメピリドの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!