虫除け対策ガイド TOP → 衣類や食物につく虫 ノシメマダラメイガ

ノシメマダラメイガ

穀物の中に卵を産み、そして生まれた幼虫が穀物を食べます。特に身体への害はないのですが、しかし食べられた穀物は味が落ちてしまいますので、注意が必要でしょう。何より、虫がついた食べ物というのは、口に入れるのに抵抗があるものです。穀物のみならず、食べ物に関しては虫がつかないように一層の対策が必要で、これを怠ると精神的なダメージを負ってしまうことになりますので、注意は欠かせません。

ノシメマダラメイガに関しては、屋内での成虫の発見によって、その存在が発覚することも多いです。ノシメマダラメイ「ガ」というように、これは蛾の仲間であり、成虫の羽がお着物の熨斗(ノシ)に酷似しているという理由で、この名が付けられました(漢字で書くとややこしく「熨斗目斑螟蛾」となります)。あまり窓などを開けていないのに、いきなり室内に虫が出て驚かされてしまうこともあるでしょう。

ノシメマダラメイガは、とにかく幼虫が穀物を食べるという厄介な害虫であり、穀物以外にもチョコレートなどを食する性質があります。しかし基本はやはりお米の害が多く、気をつけていないといつの間にか付いてしまうこともあるでしょう。精米機や米櫃に関しては、虫がつかないように時々は掃除する必要があります。きちんと清潔にしていれば、虫もいなくなっていくでしょう。

ノシメマダラメイガは、特に玄米につくことで有名です。玄米が主食のご家庭でしたら、一層の注意が必要になるでしょう。


衣類や食物につく虫



金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

カーテン インテリアhttp://www.monreve-japan.jp/

ドセタキセル 副作用
ドセタキセルの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

シェードカーテンhttp://www.monreve-japan.jp/style